株式会社ユア・ラボ

光触媒作用について

お問い合わせはこちら

光触媒とは?

光触媒作用のしくみについて

光触媒コーティングは、コーティング施工面に光(太陽光や家庭用蛍光灯)が当たることによって、施工面に付着した菌やウイルスなどを分解・死滅させることができます。この抗菌作用はコーティング剤に含まれる「酸化チタン」という物質に光が当たることで発揮されますが、「酸化チタンそのものは抗菌作用を持っておらず、光が当たることで抗菌作用を持つ物質が生まれる」ということが「光触媒」と呼ばれる理由です。

酸化チタンは光に当たると「活性酸素」と呼ばれる物質を生成します。
この活性酸素は生物の体内にも存在する物質で、人体の免疫機能やウイルスへの感染防御など、体に害をなす物質への対処を行っています。

活性酸素はウイルスや菌などの有機物全般に作用して、水と二酸化炭素に分解することができます。
しかし毒性やアレルギー症状などはなく、人体やペットに対してはほぼ無害な物質です。

活性酸素により分解されるものには様々なものがありますが、人体に悪影響を与える物質として
・菌やウイルス(新型コロナウイルスを含む)
・花粉などのアレルギーの元となる物質
・カビやにおいの発生源となる物質
などが挙げられます。

つまり光触媒コーティングを行うことによって、施工面に光が当たるだけで除菌・抗菌・アレルギー対策・防カビ・消臭など様々な効果を得ることができます。

これまでの光触媒は、強い光が当たらないと十分な光触媒作用が発揮されないなどの問題点があり、屋内などの生活空間での活用ができませんでした。

しかし酸化チタンをナノサイズの粒子として定着させることで、屋内の蛍光灯などの光でも十分な光触媒作用が働き、有害な物質を分解・不活化するだけでなく、長期的に持続する新しい光触媒コーティングが誕生しました。

更にナノサイズの酸化チタンは自己結合によって、高圧で吹き付けるだけで壁面・ガラスなどに蒸着するため、接着剤など成分が不要となりました。これにより有害物質を含まない安全な素材を使ったコーティング剤が完成したのです。

建物の床や壁などに酸化チタンを吹き付けて、高い抗菌作用を発揮できるナノゾーンコート。
スプレータイプでいつでも手軽に利用できるナノソルCC。

2つの製品で皆様の生活を守ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。